小川新 新論 
OGAWA   ARATA   SHIN-LON
 
 

この論文の要旨は、昭和61年6月、第5回日本瘀血総合科学研究会大阪大会のシンポジウム「日中瘀血概念の対比」の座長として提案したものです。


1985年

国際瘀血診断基準試案について

小川新

■はじめに

 既に日本においては、科学技術庁研究班(寺澤捷年氏ら)による診断基準が発表されている(表3.pdf)。そして、これに対する日本国内の専門家諸氏による意見は、『瘀血研究』第3集にまとめて発表した。このように日本国内においても真の意味の統一的見解がまとまってはいないのに、一挙に国際的診断基準をつくるということには、無理があるのではないかという叱責を受けるのではないかと思う。しかし、自らを知るためには、他に対比することも必要であり、他を知ることは、自らを知るための重要なステップではないかと思うので、この際、一気に飛躍して、他(中国)を知り自ら(日本)を知ることによって国際的な発想を生まんとしたものである。そして、このような国際的発想の中で、日本を知る方が、より正確に自らを知ることが出来るのではないかと思ったわけである。


 さて、日本においては、『傷寒論』、『金匱要略』の条文にあるもののみを瘀血という所謂狭義の瘀血論(表1.pdf・矢数道明参照)と、血証をも含めたものをいう所謂広義の瘀血論とがあるようである。

 この点に関しては、私の日常臨床の多数においては、広義の瘀血論の方がより実際的であるように思う。というのは、日本でいう狭義の瘀血論に出てくる駆瘀血薬のみでは、治療の実際に矛盾が来たし易いからである。狭義の瘀血論の場合でも、血証の薬物を併用しなければならないことが多いからです。

 一般に狭義の瘀血に於いては瀉法的薬物が多いのだが、実際に於いて四物湯のような補法的薬物 をも必要とすることが多く、補法と瀉法を一緒に行わなければならないことが外多い。補法的薬物には、血証としての薬物が多い。


 さて、このようにして日本に於いて広義の瘀血論をとってきたが、これを中国の瘀血診断基準試案と対比すると、日本のものは、不備の点が多々あるようである。


表1 瘀血によって起こされる症状(『傷寒論』、『金匱要略』より)

. 脈は多くは沈濇、沈結、沈濇微、大遅などで、左が右に比して細いことが多い。しかし必ずしもこれだけに限定されるとは限らない。

. 腹証は、主として下腹部の、多くの場合左側に当って、抵抗圧痛を訴える。ただし、時にはこの腹証を欠くこともありうる。

. 舌の辺縁の暗紫色、唇が蒼く、歯齪が暗紫色を呈す。ただし、必ずしもこの変色がなくともよいことがある。

. 口が乾燥し、口をすすぐことを欲するが、飲みたくはないという。

. 視診、触診では、腹が膨満していないのに、患者は自覚的に腹満感を訴えることが多い。

. 全身的または局所的に煩熱感がある。

. 皮膚や粘膜に紫斑点、青筋、皮膚甲錯(さめはだ)を現わす。皮膚の血色が冴えず、どす黒い印象を与える。これらがあれば確かであるが、必ずしもないときでも腹証によって用いられる。

. 爪の甲の紫色、暗赤色、手掌の暗赤色、爪を押して、その血色の回復が遅い。

. 出血や溢血の傾向があり、炎症を起こしやすい。

10. 婦人は、月経不順、月経困難、不妊、性ホルモン機能障害に関する訴えが多い。

11. 精神症状、神経症状、すなわち不眠、不安、不定愁訴、過敏症などが起こりやすく、激しいときは狂を発することがある。


これらを総括して竜野氏は、血行障害症状、熱症状、乾燥症状、気強満症状などを必須条件とした。

色素沈着、月経異常があれば活血化瘀の治療法を採用して宣しい。

(矢数道明:瘀血をめぐって、日本東洋医学会誌25(4)、1975)



■中国血瘀証診断試行基準について表2.pdf参照)


表2 血瘀証診断試行基準(中国中西医結合研究会第1回全国活血化瘀学術会議制定1982.12)

〔大項目〕

. 舌質の紫暗色、或いは舌体のうっ血斑、うっ血点。

. 渋脈、或いは結・代脈、或いは無脈。

. 固定性の刺痛、或いは絞扼痛で同時に拒按をみるもの。

. 病理的腫瘤。この中には内臓腫大、新生物、炎症性或いは非炎症性の腫瘤、組織増生変性を含む。

. 血管の異常、この中には舌下及びその他の部位の静脈の蛇行拡張、毛細血管の拡張、血管のれん縮、口唇及び四肢末端のチアノーゼ、血管の閉塞を含む。

. 出血及び各種出血後に引き起こされたうっ血、タール便、皮下うっ血斑等。

        以上の大項目のうち、2項目があれば血瘀証と診断する。


〔その他の項目)

. 皮膚の粗糙、肥厚、鱗屑増多。

. 月経不順。

. 四肢体幹のしびれや片麻痺。

. 躁状態、或いは健忘症。

. 周期性の精神異常。

. 腹水。

. 以上の項目のうち、1項目以上があり、かつ次に述べる検査所見がみられれば血瘀証と診断する。

. 検査所見:微循環障害、レオロジー的異常、血小板凝集性の増大、脳血管造影或いはCT等による血管の塞栓の証明、電子顕微鏡下での血瘀徴候の証明等。


〔ただし書き〕

 以上の各項目がみられない場合であって、かつ結合組織病の病歴があったり、原疾患が血瘀と関係ある場合には血瘀証を考慮してよい。

 このほか、活血化瘀治療が有効であった疾患もまた血瘀証に属することを考慮してよい。


〔説明〕

. 以上の基準はまだ臨床各科を全面的には包括しておらず、実践のなかでたえず修正、改変、補充を進め てゆく必要がある。

. 小規模施設で実験設備を欠く場合には、臨床指標のみに従って診断してよい。


 この表2は、中国中西医結合研究会第1回全国活血化瘀学術会議によって1982年12月に制定されたものである。この学術会議の委員長である陳可翼氏 (北京・中醫科學院西苑醫院) は、次のようなコメントを述べている。


 第1点は、どんな疾病があっても暗舌色、渋脈、固定性の疼痛、腫瘤、皮膚の粗糙とか血管異常。

 第2点は、ある疾患で慢性肝炎、肝硬変の時、右季肋部痛とか、肝腫大、手掌紅斑といった瘀血をあらわす症状があるが、実際にはその症状の軽重或いは多少といった現実の症状から、具体的に瘀血があるかないかを判断しなければならない。

 第3点は、血液粘稠度と毛細血管の顕微鏡検査などで異常があったときに、それだけで瘀血治療をするという新しい方式であるが、やはり、検査成績と瘀血証候とを結びつけたほうがよい。


 又、これを最初に日本に紹介した故宮川マリ氏は、意見としてこのように述べている。 「マイナスの要因は数多くあるが、統一された基準の必要性が増大している今日、それなりの意味がある。また、瘀血の本体を解明する上にやはり必要な行為であるように思う。修正、補充を進めていく必要がある。それは、とりもなおさず、瘀血の本体の解明にもつながることがあるのではないかと考える次第です。」(『瘀血研究』第3集・中国における血瘀統一見解)


■瘀血に対する私の考え方表4.pdf参照)


表3 科学技術庁研究班による瘀血の診断基準( 寺澤捷年氏ら)

           男  女 

眼輪部の色素沈着  10  10

顔面の色素沈着    2   2

皮膚の甲錯      2   5

口唇の暗赤化     2   2

歯肉の暗赤化    10   5

舌の暗赤紫化    10  10

細絡         5   5

皮下溢血       2  10

手掌紅斑       2   5

臍傍圧痛抵抗左    5   5

臍傍圧痛抵抗右   10  10

臍傍圧痛抵抗正中   5   5

回盲部圧痛・抵抗   5  2

S状部圧痛・抵抗   5  5

季肋部圧痛・抵抗   5  5

痔疾        10  5

月経障害          10

【判定基準】 20点以下 非瘀血病態

      21点以上 瘀血病態

      40点以上 重症の瘀血病態



表4 国際瘀血診断基準試案(昭和60年7月6日 小川新)

■必須項目

 ●瘀血の腹証

 ●一般項目

   .皮膚:甲錯・粗糙・色素異常(顔面及び体表全体)

   .舌:紫暗色

   .固定性疼痛:心・肺・脾・脳・腰・臀・背・四肢

   .病理的腫瘤:内臓腫大・新生物・炎症性或いは非炎症性腫瘤組織増生変性を含む

   .血管異常

    (1)舌下・下肢・腹壁・静脈拡張

    (2)毛細血管の拡張(細絡・手掌紅斑)

    (3)口唇及び四肢末端のチアノーゼ

    (4)血管の閉塞

    (5)手・足(少陰)の脈、渋・弦・結・無脈

   .出血傾向、出血後瘀血(外傷性瘀血を含む)

   .月経異常(女)、排尿異常(男)

   .四肢体幹のしびれ、片マヒ

   .躁状態或いは健忘症、自律神経失調症

   10.精神異常(欝病、てんかんを含む)

   11.口乾、手足類熱

■検査所見

  (a)微循環障害

  (b)レオロジー的異常

  (c)血小板凝集能の増大

  (d)血液粘度:β一トロンボ、グロブリン値

  (e)脳及び心血管造影、或いはCT・心筋シンチグラフィによる血管塞栓の証明

  (f)骨盤腰椎X線異常所見


【説明】

.瘀血の腹証は必須である。

.11項目のうちいずれでも1つ以上あれば瘀血は更に確実となる。

.未病の段階では腹証のみのこと多し。

.検査所見で早くから異常所見の出現するものは骨盤のX線像である。

.その他の検査所見の異常は早期の未病には出現しないが、据血による特定の疾患が発生する直前に出易い。

瘀血による疾患の経過観察に役立つ。

.手の脈の渋は客観性を要求することも困難であるし他の場合にも出現するので確実でほない。乳の出ることもある。

むしろ足の後脛骨動脈の沈・弱・伏・無脈の方が瘀血の腹証として一致しているので足脈(少陰の脈)を診た方がよい。

.女性の血の道ばかりでなく、男子、前立腺微症状を排尿異常という風に表現した。

.皮膚は顔面のみならず、全身の体表に現れる異常である。

.中国の腹水は省いた。これは瘀血の結果である。これを入れれば無限に拡がる可能性がある。



(1)足脈について

 私の試案(表4.pdf)の血管異常の(5)のところに手・足(少陰)の脈に、渋・弦・結の脈ないしは、無脈のことを書いている。

 張仲景は、『傷寒論』の序文の中で「手を握りて足を診ず」と書いているが、現代に於いても、足脈を診る人は少ない。

 しかし、下腹部に瘀血性抵抗が存在する場合、趺陽と少陰の脈の2つの脈のうち、後脛骨動脈の少陰の脈を脛骨内踝の下、ないし後側にみられる動脈(少陰の脈)を触れてみるに、沈んで、細く、触れにくくなったり、全然触れなかったりすることを日常経験することが多く、手の脈で渋をふれ渋脈と診定することに疑問を持つ人は多くあっても、足脈の場合は、非常にはっきりして疑う余地のないことが多いものである。

 又、結の脈、渋の脈は直接瘀血に関係するということに疑問を持つものである。

 今、例をもって最も理解しやすいものを示す。

 婦人の子宮筋腫の場合でいうならば、腰痛とか、膝関節痛ないし肩胛痛などの治療をもとめて来診され、疼痛以外には、何らの臨床症状のない場合でも下腹部の瘀血性抵抗は臍傍から両下腹更に膀胱部、恥骨周辺、又、両鼠蹊上部に抵抗及び軽度の圧痛を示すものが多く、駆瘀血剤の投与によって、疼痛はとれ易いので、患者は、疼痛がとれれば、投薬を2・3週ないし1ヵ月位で中止してしまうのである。そして、5、6年ないし10年後に、再び同じような疼痛で来院するときには、子宮筋腫の手術をした後、同じ疼痛がまた始まったから治して下さいと言うものが甚だ多いようである。そして、初診時に現代の婦人科学にない婦人科の障害が始まっていますと言うと、殆んどの人が一応婦人科に診察に行き、何もないと言われたと言っている。残念ながら現在の婦人科専門医には解らないと言っておいたのに、婦人科で診てもらったら、異常はないと言われたと小生に報告するのである。このような事情から腹を体表から観察する腹証とか、足脈の診断系は、手指で触れて把握するというような一見原始的で素朴な情報系ではあるが、脳出血、脳梗塞の予知に頸の人迎脈が非常 に有用をように、決して無視してはならない重要な情報であることを確信するもので。そして、腹証が改善されるに従って少陰の脈の沈んだものが、1、2年以内には正常に回復するものであるが、子宮筋腫を摘出した女性の場合には、触れないで無脈を呈するものが多いのである。この無脈が触れるようになるためには、2、3年以上のかなりの長期に亘り、駆瘀血剤をやっても回復しないものが多いようである。所謂、血分の病として古くなったものは、現在の病証としては、その殆とが、水分の凝滞による、水分の病であって、脾胃或いは腎を中心とした利水剤で治療してかなり良くはなるが、完治には至らないものの多いのは、この血分の病が古くなっているからである。


(2)皮膚について(表2.pdf参照)

 中医学に於いては、皮膚の粗糙、肥厚、鱗屑増多となっているが、色素異常のことを忘れているようだ。その点、日本に於いては、皮膚に於ける血色がどす黒い印象を与える(矢数道明)、体幹、四肢の色素沈着など全身的な色素異常や眼輪部の着色(所謂、眼のクマ)、顔面黒色(シミ、ソバカスを含めて顔面の色素沈着)など顔面の色素沈着を重視しているところに特徴がある。

 しかし、日本に於いてもこのままで完全なものとはいえないと思う。それは、色素沈着の範囲を顔面に限定してみる習慣があること、又、その色素異常を黒とか、どす黒とか、黒色傾向のもののみを瘀血としてみていることに限界があるように思う。顔面のそれは、皮膚のみならず口唇部に於いても暗赤色であり、舌も爪も暗紫色を呈するものに瘀血が見られることが多い。このような見方のみで診ていると最も悪質な青白い瘀血を見逃すわけである。高血圧でいうならば、赤い顔した高血圧と青い類した高血圧があるが、青い顔した高血圧の方がはるかに悪質であり、脳出血も大量で種々の治療も間に合わないことが多い。


(3)血管異常について(表3.pdf表4.pdf参照)

科学技術庁研究斑(表3)によれば、血管異常についての表現は、細絡、口唇暗赤、舌紫暗色、手掌紅斑があげられているが、それらは皆別々の項目に入り、血管異常の項目に入っていない。その点中のものは、血管異常のなかに、口唇及び四肢末端のチアノーゼが入っている。瘀血診断基準スコア法に於いては、口唇暗赤化は男女共に2点、紫暗色化は男女共に10点、細絡は男女共に5点、手掌紅斑は男2点、女5点となっている。判定は、20点以下非瘀血病態、21点以上瘀血病態、40点以上重度瘀血病態となすと決めているが、それに対しては、私としては否定的意見を持つものであるが、表4の如く、中国の血瘀証診断試行基準と同意見である。


(4)胸脇苦満について(表3.pdf参照)

科学技術庁研究班の論文によれば、瘀血診断基準のスコアのなかに、季肋部圧痛・抵抗に男女共にに5点づつと.なっている。又、瘀血調査表に於いては、胸脇苦満となっている。この両者は、同じものであるが、所謂、胸脇苦満を瘀血の診断基準に入れてよいかどうかの問題がある。結論的に言うならば、私は、胸脇苦満の存在を瘀血の診断基準に入れてはいない。胸脇苦満は少陽病ないし陽明病のときに出現する左右肋骨弓上及び肋骨弓下の浮腫性炎症の1種であると思っている。それは自覚症を伴う他覚症状である。

 しかし、このような病態が古くなれば、炎症症候は消退して、肋骨弓下の腹直筋の硬い抵抗のみとなってくる。私はそれを脇下痞硬ではなしに、脇下硬と呼んでいる。この脇下硬が存在すれば、肝硬変、肝癌になり易く、その他にも、肺・脳・上顎・乳癌など色々の癌腫を生じ易いことを度々経験し、そのことについては、ビデオ「腹証への誘い」(第3巻)の中で詳しく述べておいた所である。

 純粋の脇下硬においては、肝腫大もなく、肝炎の徴候もないものである。腹腔内の腫瘤は、形成してないが、瘀血腫瘤を形成する前段階としての上腹部瘀血性抵抗と見ることが出来る。


(5)固定性疼痛(表2.pdf表4.gif参照)

 日本の診断基準にはないもので、中国では必ずと言ってよいほど登場するのが、この固定性疼痛である。例えば、上海中医学院編『中医学基礎』の血の病症の(2)血瘀の項をみるに、疼?痛が第一番にあげられている。そして次のように述べられている。「瘀血は、絡脈を阻塞し、通じなければすなわち痛むため、血瘀の症候中で最も目立つ症状の1つである。この種の疼痛は、気滞のときの攻痛や鼠痛とは異なり、瘀血によって阻滞されている部分に比較的固定した疼痛部位があらわれ、かつ痛みの性質は刺痛であることが多い。」と。

 それは、心臓や肺の梗塞や脳腫瘍等、又、腰、腎、背、四肢等に於ける風、湿、熱などによる固定性疼痛と言っているようである。

これは、日本漢方界では、見逃されている分野である。外傷による瘀血性は、原因のなかに入れられてはいるが、固定性疼痛をみた場合、外傷性瘀血の後遺症であることに気が付かない人は案外多いものである。日本に於ける瘀血診断基準に入れて欲しいものである。


(6)検査所見について(表2.pdf表4.gif参照)

 日本に於ける瘀血診断基準(寺澤捷年氏ら)には、検査所見は入っていないが、(a)微小循環障害、(b)レオロジー的異常、(c)血小板凝集能の増大、(d)血液粘度及びβ-トロンボ、グロブリン値増大、(e)脳及び血管造影或いはCT、心筋シンチグラフィによる血管塞栓の証明を入れ、私はこれに(f)骨盤腰椎X線異常所見を入れることを条件とした。


(7)寺澤捷年氏らのスコア法についての批判(表3.pdf参照)

 瘀血という血瘀の質的転換を伴う症候群の診断に際し、それを量的に数値で表現することに無理があるように思う。21点以上を瘀血とし、20点以下を非瘀血とするというような、点数そのものに対する疑問がある。至極曖昧いな仮説の上に算術点数加算ということにも大いに疑問がある。


(8)中国血瘀証診断試行基準について(表2.pdf参照)

〔大項目〕について

 大項目6のうち、2項目あれば血瘀証と診断するとなっているが、4.腫瘤、5.血管異常、6.出血、のうち1つでもあれば良いのではないか。必ずしも6項目のうち2項目以上は必要としないのではないか。

〔その他の項目〕について

1.皮膚の粗糙・肥厚・鱗屑増多、2.月経不順、4.そう状態・或いは健忘症、5.周期性の精神異常、の1つのみで診断はつけられる。

3.四肢体幹の痺れ・片麻痺、6.腹水、は瘀血の条件に入れなくてもよいのではないか。


■瘀血の腹証を必須項目とした理由表4.pdf参照)


(1)原因別にみた場合

 私は、『瘀血研究』の第1回記録集にも述べているように、1.胎毒性、2.感染性、3.治療薬剤性、4.外傷性、5.産褥性ないし更年期障害性、6.冷房ないし生活環境性(冷房、無体動による水滞性瘀血)、7.外科手術及び放射線による瘀血、8.毒物性瘀血(砒素、キノホルム等)、9.食毒性瘀血、10.気毒性瘀血、等何れの場合に於いても瘀血のある場合には、必ず腹証に瘀血性抵抗があるということである。


(2)腹証の概要

 しかして、瘀血の腹証というのは、何を言うのであるか。

 まず、下腹部に於いて瘀血性抵抗があること、又、上腹部に於いても左右の肋骨弓下部に瘀血性抵抗があること。次に全ての腹腔内腫瘤もこのうちに入っている。

 『難経』の「五積論」や、『腹証奇覧翼』に於ける「腹中諸塊」の腹証図を見ればお分かりになると思うが、私の場合は、部位的に臍傍の上・下・左右部、S字状部、回盲部、膀胱部、鼠蹊上部、恥骨周辺部、側腹部、左右脇下部、心下部という風にいづこにも瘀血性抵抗があるというのである。又、小腹不仁という風に無抵抗性のものと下腹弦急というように直腹筋の緊張した瘀血性抵もある。

 前述した青い高血圧の場合に自覚症は少ないが、腹証だけは、瘀血性腹証が著明に存在することが多い。


(3)未病の場合

 腹証として上下腹に瘀血性抵抗があるに関わらず、腰痛、肩背痛、関節炎等のような疼痛性疾患以外には、胸腹部の特定の疾患の病像を呈しない場合が実に多いものである。

 例えば、子宮筋腫の場合、下腹部に強い瘀血性抵抗があっても、婦人科の専門医の診断では、数年ないし10年後に筋腫の診断がつけられることが多い。

 又、肝癌の場合でも、CTや超音波ないし血管撮影に於いて肝癌という疾患名が診定されるようになるまでに10年以上たっていることが多いように思う。即ち、胸脇苦満が自然に消退したような形になって脇下硬となり、これが数10年を経て肝癌になることがあるように思う。

 又、前立腺肥大や、卵巣の腫瘤等に於いても、その初期に於いては、腹壁の反応が先行していることが多い。


(4)上下腹部腹証について

(a)恥骨周辺部に抵抗、圧痛がある。

 これは膀胱部の下、恥骨上縁部、及び恥骨左右端に近いすぐ横の部分の深いところに抵抗と圧痛がある。手の中指で深く触診するに奥に強い抵抗がある。この腹証がある場合、骨盤として最も多い変化は、恥骨縫合部の骨萎縮、骨硬化像であるが、それは、老年に見られるものとは限らない。むしろ、10代、20代に於いても変化があらわれていることが案外多く、それは、女性ならば、月経不順、妊娠・産後の障害、更年期障害等、老若にかかわらず、変化をもっていることが多い。又、それは、親子がよく似たものがある(『瘀血研究』第1集参照)。それは素因ないし遺伝と言われているものの重要な因子であろう。

 又、恥骨に限らず腸仙関節、仙椎等にもよく出現する骨盤の骨変化である。

(b)両鼠蹊上部に斜走する抵抗、圧痛がある。

(c)臍傍左右下部、廻盲部、S状部、肋骨弓下部に瘀血性抵抗がある。


(5)骨盤のX線像(『瘀血研究』第1集・97頁参照)

 腰椎下部や骨盤の病変をみるのであるが、骨の変形、萎縮、硬化、粗鬆症、発育不全等をみる。その骨病変の部位としては、腰椎下部、仙椎、尾骨、仙腸関節、腸骨、坐骨、恥骨である。

 〔骨病変の種々相〕

  (1)正面像 

    (a)恥骨結合部の不規則性、萎縮、硬化像

    (b)坐骨の変形、萎縮

    (c)仙腸関節、特にその下縁における変形及び萎縮

    (d)腸骨の骨硬化像

    (e)第5腰椎、仙椎上部の変形、椎間腔狭小

  (2)側面像

    (a)腰椎すべり症、腰仙椎すべり症

    (b)仙骨下部から尾骨にかけての骨萎縮及び変形


 上記、瘀血の腹証をもった症例600例についてみたところ、多少とも腰椎、骨盤に病変があるものは544例であった。各症例毎にもっとも変化の強い部位を調査してみると、仙椎は227例(41.7%)、腰椎は144例(26.5%)、恥・坐骨は101例(18.6%)、仙腸関節42例(7.7%)、胸椎27例(5.0%)となっており、仙椎、腰椎、恥骨・坐骨の変化だけで、86.8%(472例)という風にその大部分を占めている。

 さて、なぜ腹証からみた瘀血の証のとき、骨に病変を起こすかについて考えてみたい。端的に言えば、骨盤の各臓器に於ける静脈性うっ滞にはじまる血液循環の異常が骨循環の障害を起こしたものであろう。ちょうど、四肢において、皮膚及び皮下脂肪、筋肉等軟部組織に種々の原因による萎縮(外傷ないし内因性)がある場合、骨にも骨循環の不良による萎縮が生ずるようなものである。

 一般に骨循環の臨床が忘れられているのではないか。血管と骨・骨髄とが、深い関係があるとのではないだろうか。その上更に、骨というものは、硬いもので変わらないものだ、不可逆的なものだという先入観念があって、診断に際し証として役立つであろうが、治療上には余り意味がないように思っている人が多いのではないか。

要するに血分の中の瘀血を骨盤の骨髄の病態で証明したわけである。


■泌尿生殖器障害のこと


 女性には、月経及び出産を中心とした種々の産婦人科・精神科的疾患、更年期障害等の瘀血を原因とした疾患は甚だ多いものである。更に、高血圧、糖尿病、腎炎、潰瘍性大腸炎、膠原病等各科に亘る疾患も瘀血によるものが実に多いように思われる。

 男性の泌尿生殖器と関係した瘀血が見逃されているように思う。

男性の場合、瘀血の臨床は、小便の排泄状態に異常がくるというのが通例である。前立腺肥大が強度になれば、排尿が困難になる。


 『金匱要略』にも、「寸口脈、沈而遅、沈則為水、遅則為寒、寒水相搏、趺陽脈伏、水穀不化、脾気衰則、鵞溏、胃気衰則身腫、少陽脈卑、少陰脈細、男子則小便不利、婦人則経水不通、経為血、血不利則為水名日血分」とあるが、ここには男子なれば小便不利、女性なれば経水不通となり、ともに「血分の病」であり、「血利せざるためには水を病む」と言っている。即ち、瘀血によって小便不利をなすことがあると言っている。しかし、小便不利があるといっても瘀血によるものばかりではない。


・小便難の証をもったものとしては、次のような薬方の証がある

即ち、桂枝加附子湯、小柴胡湯、苓桂味甘湯、当帰貝母苦参丸、

・小便数としては、甘草乾姜湯、桂枝湯、小承気湯等の証がある。

・小便不利としては、甘草附子湯、八味丸、五苓散、括蔞瞿麦丸、猪苓湯、桂枝加黄耆湯、葵子(きし)茯苓散の証がある。


 その他、特に下腹を中心とした瘀血の腹証をみた場合、左右の臍傍、及び臍下部、廻盲部、S状部及び膀胱部、左右の鼠蹊靱帯上部、恥骨周辺部に於ける瘀血性抵抗ないし小腹不仁、小腹拘急、膀胱満急等により『傷寒論』『金匱要略』の条文には出ていない排尿に関する微症状が存在することに気付かなければならない。それは、型通りの問診では異常はないと答えるのが普通である。問診の内容が重要である。というのは、普通は、本人の自覚に異常を意識していないからである。

次のように問診する。


1.排尿時に排尿を意識し、排尿の意識と排尿の初発との間にタイミングのずれがあり、出そうと思っても遅れて排尿することはないか。

2.排尿に勢いがないので、小便が飛ばない。

3.残尿感がある。

4.尿道にしまりがなくて咳を守れば漏れる。


等を聞く必要がある。以上の微症状を問診によって探りだすのである。しかし、これらの症状は古典でいう場合は、「尿不利」という言葉の表現しかないのであるが、これらの古典でいう「尿不利」の中に入っていないのである。


■結語

以上、瘀血の腹証とその骨盤像について述べ、瘀血の診断を必須項目とした理由を述べたつもりである。

1)原因的にみた瘀血論から腹証の必要性を述べた。

2)未病の場合でも腹証には早くから瘀血性抵抗がある。

3)瘀血の腹証と骨盤のX線像について述べた。

4)男性の泌尿生殖器障害のうち、『傷寒論』、『金匱要略』という古典にない、微症状につて述べ、それは、瘀血という血分の疾患を中心とした水分の病態の微症状であるということを恥骨のX線像を中心として論述したつもりである。


●「国際瘀血診断基準試案」附説

1)腹証の必須項目が1つあればよい。又、腹証に瘀血性抵抗が存在する場合、一般項目は1つ以上あれば、瘀血証として治療する。

2)瘀血腫証がない場合、一般項目が1つでもある場合はどうなるかという疑問がある。それは、新しい外傷性の瘀血の場合のみしかみられない。内因性瘀血の場合は、腹証に瘀血性抵抗がなくて、一般項目の1つでもあるということは有り得ないことである。

3)検査所見について

・一般項目が全然なくて、検査所見のみが陽性であるということは外傷性の場合を除き有り得ないことである。

・ましてや、瘀血の腹証がなくて、検査所見のみ陽性ということは有り得ない。

・検査所見は、瘀血証の証明とその経過観察に役立つ。

・特定の疾患像、又は、疾患像以前に於いても、検査所見に異常が出れば、それは、瘀血証として診断してよい。しかし、その場合でも、必ず腹証に瘀血がある。

・検査所見は、科学の進展と共に急速に進歩する可能性を秘めている。それは、診断、治療、経過の観察、治療薬剤、治療方法の開発に役立つものであろう。


■総括

1)日本に於ける古典的瘀血論の代表の1人として矢数道明氏の瘀血論(表1)、及び寺澤捷年氏らによってまとめられた科学技術庁班究班による瘀血論(表3)と中国に於ける(1982年12月)中西医結合研究会第1回全国活血化瘀学術会議制定による血瘀証診断試行基準(表2)との相違点を述べた。

2)中国の瘀血診断基準の特徴と日本の狭義瘀血論(『傷寒論』・『金匱要略』のみに準拠する)と広義瘀血論との相違点について述べた。

3)私の提唱した国際瘀血診断基準試案(表4)と、中国のもの(表2)との相違点について述た。

4)私の試案の特徴即ち、足脈・皮膚・血管異常・脇下硬・固定性疼痛・検査所見及び骨病変について述べた。

5)私の瘀血腹証論と腹証を必須とした理由について詳細に述べた。


私の提唱した試案について、その考え方のもとになった基本的構想を御説明申し上げたが、このような大きな問題を私一個人の考え方で一応まとめたものですが、これには、私の考え及ばない多くの問題点が潜在するものと思われますので、私のこの試案をたたき台としてよりよいものをおつくり頂くために浅学非才を顧みずあえて提唱申し上げた次第です。それは、『瘀血研究』第3集のあとがきの4項目のうちの第2の項目に「日中の瘀血診断の特徴をふまえた国際的診断基準の構想を検討すること」と述べたが、それを自ら実行してみたわけです。何とぞ宣しくお願い申し上げます。


(1986年小川新)

更新:06/09/19

HOMExiao_chuan_xin_xin_lun.html
 
国際瘀血診断基準試案について

目次

■はじめに

■中国血瘀証診断試行基準について

■瘀血に対する私の考え方

 (1)足脈について

 (2)皮膚について(表2参照)

 (3)血管異常について(表3・4参照)

 (4)胸脇苦満について(表3参照)

 (5)固定性疼痛(表2・4参照)

 (6)検査所見について(表2・4参照)

 (7)寺沢捷年氏らのスコア法にろいての批判(表3参照)

 (8)中国血瘀証診断試行基準について(表2参照)

■瘀血の腹証を必須項目とした理由(表4参照)

 (1)原因別にみた場合

 (2)腹証の概要

 (3)未病の場合

 (4)上下腹部腹証について

 (5)固定性疼痛(表2・4参照)

 (6)検査所見について(表2・4参照)

 (7)寺澤捷年氏らのスコア法にろいての批判(表3参照)

 (8)中国血瘀証診断試行基準について(表2参照)

■瘀血の腹証を必須項目とした理由(表4参照)

 (1)原因別にみた場合

 (2)腹証の概要

 (3)未病の場合

 (4)上下腹部腹証について

■泌尿生殖器障害のこと

■結語

 ●「国際瘀血診断基準試案」附説

■総括