小川新 新論 
OGAWA   ARATA   SHIN-LON
 
 

小川新1995年

「吉益東洞顕彰碑 」広島大学移転の経緯


 吉益東洞を知らずして曰本漢方は語れないという程の医傑は1701年に広島市銀山町で誕生し、1772年京都市東洞院通で没した。


 卒後二百数十年を経ても、彼を尊崇し、その著作によって古典医学を学習し、難病治療に応用している医師、薬剤師は跡を絶たない。近世から現代に至るまで、日本の東洋西洋の医学医療に大きな功績を残してきた。


 昭和48年11月10日広島県医師会長大内五良氏により、東洞没後二百年を期して、その「人となり」を敬仰して、その顕彰碑を医師会館前庭に建立した。それは「光芒世界を照らし、天下の医を匡す」というイメージを現わした石の芸術家による傑作であった。

 これに啓発されたかの如く、広島漢方研究会をはじめ、全国の漢方臨床家による日本東洋医学会会員への呼びかけがおこり、吉益東洞碑を作ろうという気運が高まった。

 昭和49年7月、大塚敬節先生の筆になる「吉益東洞先生之碑」を東洞の母方の谷氏菩提寺広島市寺町報専坊の門のすぐ側に建立する事となった。


 さて、碑が設置された報専坊という寺は、江戸中期西本願寺との三業惑乱論争に決着をつけた僧・大瀛(だいえい)を出した寺である。この僧は新古義派を主張し、親鸞に帰れといって改革を主張し、本願寺を屈伏せしめた傑僧であった。この僧の顕彰碑と東洞の顕彰碑が並んでいたことは、まさに二人の改革者に相応しい組み合わせであり縁の不思議さを感じた。この寺には外国の医師、特に中国中医師たちにも折にふれて案内したので、彼らにとっては江戸中期から現代に至る日本漢方の伝統的特徴を理解する上で非常に効果があったようだ。


 しかしながら、昨年(平成6年)秋報専坊から、本堂の大改築に伴いまた諸種の事情により境内の一等地を空けて欲しいという申出があった。なぜこのような事になったのかと早速この寺の総代氏と面談したが、高額な金銭的なことが絡んだこととなり会談は暗礁に乗上げた。このような状況で、東洞碑の歴史的文化的意義も理解し得ない人達と話し合いをしてもすれ違うばかりで交渉は纏まらないと思った。この寺の住職様も顕彰碑建立の有力な発起人であっただけに、さらに無念だった。このような状況で移転しなければならないとは、真に東洞先生に失礼であり心苦しい思いであった。


 この移転問題を、大学時代の同窓同級生の産婦人科専門医で、日本医史学会の評議員である江川義雄氏に相談したところ、広島大学学長原田康夫氏(前耳鼻咽喉科教授)の御力を御借りしようとなったわけである。


 早速原田学長私宅を訪問し、これまでの経緯を申し上げ、広島大学医学部に移転のことをお願いしたところ、それならば、広島大学に持って来なさい、今年はちょうど、広大医学部創立五十年になるが、その記念事業の一つとして東洞碑を御引き受けしますという事であった。あまりにもスムーズに話がすすんだので、驚き且つ感謝申し上げた次第であった。


 そこで、安佐区可部町の中川和夫医師に相談し、安佐北区三入の立川雅高園芸師に工事の一切を依頼することになった。広大基礎棟前の場所に適しいデザインで新しい台石を探すこと一か月半後、ようやく相応しい自然石を見つけ出し、本年5月(平成7年)に移転改築出来たわけである。


 顕彰碑台石の銅板に刻む書を原田康夫学長にお願いしたところ、快く引き受けて下さった。

原田先生の雄潭な書「親試実験」は我々をはじめ後につづく医師学徒に何かを語りかけているようだった。




除幕式、記念講演 1995年9月10日(平成7年)


 このたびの建設に際し、小冊子「吉益東洞顕彰碑記」を作成した。

 その内容を大略紹介したい。


緒言、年譜、著書、吉益家家系及び論文(日本文、英文)。

 論文の内容を紹介する。

  1. ○東洞先生を仰ぎ憶う 長谷川弥人

  2. ○吉益東洞先生と近代漢方 遠田裕政

  3. ○吉益東洞の功績について 大塚敬節

  4. ○薬徴の成立背景についての考察 山崎正寿

  5. ○吉益東洞の功罪 池田政一

  6. ○革命の医傑吉益東洞 故和田正系

  7. ○統合医学論吉益東洞は死せず 小川新

  8. ○東洞先生顕彰碑建立を祝いて 東洞全集出版を期す 横田観風・谷口直良

  9. ○英文・学徒としての吉益東洞 西丸和義

  10. ○英文・臨床医家としての吉益東洞 小川新

  11. ○英文・吉益東洞年譜 矢数道明

  12. ○寄附者芳名録・碑の裏面銅板彫刻、以上

  13. 別冊(記念講演)吉益東洞と日本の科学思想(東洞に於ける古方の考え方)伊藤清夫


 (平成7年9月10日)除幕式、記念講演に参加者は、遠方の発起人の方々と広島漢方研究会の薬系の漢方家の参加を含めて約六十名であた。

 記念講演は、これぞ、仲景、東洞流の古方といわんばかの古方の真骨頂が伊藤清夫先生により披露講演された。日本漢方ここにありというような奥深く滋味溢れるものであった。漢方を学び習わんとする医師、薬剤師の先生方に、もう一度原点に帰った漢方を勉強して欲しい。そうでなくては、癌やリウマチ等の諸種の難病治療にも役立たないであろう。と八十五歳の老齢にも拘らず、まことに新鮮な内容であった。


◎発起人芳名録について

さて、この記念事業を実行するためには、全国の漢方家有の御協力をいただくために浄財を勧募することになったが、移転も急ぐので一般に公募せずに、小生にとって心易い先生方にお願いした。そのため、せっかく志がありながら通知に漏れた先生方があったことを御了承下さい。この芳名録には、昭和の漢方復興に功績のあった故人の先輩の名前が二十一名刻まれているが、縁のある方々が喜んで寄附していただいたので、運営上、非常に楽であったことを感謝しております。


  1. 下記のごとき先生方である。

  2. 荒木性次、龍野一雄、和田正系、間中喜雄、細野史郎、森田幸門、矢野敏夫、長浜善夫、木村康一、小倉重成、柴田良治、中山友記、有地磁、太田裕康、山元章平、山本京三、長尾善治、内田庄治、梅田喜久雄、小島勉三、林巌 以上


懇親会のこと

 平成7年9月10日、場所は、広島駅に隣接するホテルグランヴィアの三階広間で祝賀会が行われた。建立に浄財をいただいた諸賢のうち都合により出席出来なかった菊谷豊彦、前田泰則氏を除き来広の全員が出席されて、質の高い漢方談議が賑々しく物語られたが、あっという間に芸州の夕暮は迫り、別れを惜しみながら楽しい思い出を残しつつ解散した。

出席者名簿:

調枝寛治(広大)、伊藤清夫(千葉)、渡辺武(京都)、高島文一(京都)、松岡伯春(島原)、遠田裕政(大阪)、裏辻嘉行(大阪)、西脇平士(大阪)、磯島正(香川)、真鍋立夫(香川)、小島育郎(大阪)、伊藤嘉紀(名古屋)、梅田耕作(名古屋)、横田観風(東京)、内田和彦(東京)、山中正二(東京)、宮崎綾子(小倉)、神原靖夫(沖縄)。

江川義雄、中川和夫、十河孝博、山崎正寿、鉄村豪、長尾耕二、山内雅弥、久留彬道、藁田真澄、小川新以上は広島グループであった。


むすび

 臨床の実際で治癒せしめた上で、論ずるという東洞の実証精神は古典医学のみならず、現代医学の研究に於いても、一切の仮説を排除し、伝統を継承しながら新しい医学を創造するためには最重要の条件である。

 それは国際的な水準からみれば、低迷化している現在の日本の医学界を、革新的に発展せしめるための根本精神であることを、若い医学徒に銘記してもらいたいという切実な願いがこめられていることを理解して欲しいものである。

 東洞碑建立はそのための第一歩であることを深く深く心に刻んでいただきたいものである。

小川新1995年

(更新2006/10/18

HOMExiao_chuan_xin_xin_lun.html
 

「吉益東洞顕彰碑」

 広島大学移転の経緯