小川新 新論 
OGAWA   ARATA   SHIN-LON
 
 

『啓迪集』及び『切紙』の「四証四治」からみた心下の腹証

小川新


日本に於ける腹証論を研究しているうちに、日本に於ける古方派の腹証論は、吉益東洞によって、革命的に発展したもののように思っていた。


最近、広島県北部の山県郡大朝町の保生堂医院、進藤家(五代目、進藤氏)に伝わる文化十年(1813)から明治七年(1874)に至るまでの三代に亘る診療録『回生録』四十巻の一部を見る機会に恵まれた。


初代・進藤子陽氏の手になる文化十二年(1815)の『回生録』をみるに、同年代には、吉益東洞の出生地、広島市に於いては、恵美三伯を中心として、古方派が非常に盛んであった時代であったが、広島市から北方に三、四十キロメートル離れたこの地方に於いて後世方の医学が行われていたことに驚いたわけである。


                 『回生録』の一部とその内容

  


しかし、この『回生録』を私に紹介された同じ山県郡加計町の内科医、末田尚氏にこの地方の古い医学史を聞いてみると、この地域は、毛利氏の発祥地吉田町とも隣接しており、毛利元就公の親戚、吉川元晴公の居城のあったところであり、曲直瀬道三が元就の出雲攻めの軍陣の中に将軍の懇請によって京都から往診し、その元就の主治のたっての願いによってかかれた『雲陣夜話』(永禄九年1566)に縁深い所であり、元就の次男・毛利輝元は道三の養子玄朔に治療を受けている。


このことから察するに、毛利氏は豊臣時代にはこの地域をふくめた中国一円の領主であったが、徳川時代になって防長二州に封じ込めら後も、この地域に道三流医学の伝統が継続いていたものと思わざるを得ないわけである。また、毛利の親戚、小早川氏は三原城主(三原市)ともなっており、道三の『啓迪集』の一部が三原市立図書館に現存していることは、奇しき因縁とも申すべきではないかと思われるのである。


このようなことが奇縁とたって、道三流の医学の中心的著作であり、日本に於ける「察証弁治」の基礎をきづいた『啓迪集』を研究することになったのである。



そこで、先ず、私が最も関心を寄せている腹証に関する領域を調査してみた。


心下及び胸脇に関する腹証についてみるに、傷寒、金匱の条文にあるものを整理、編集したものが多い。『啓迪集』巻の一の傷寒門の部に脇痛、胸脇満、結胸、心下満、痞証が述べてあるが、これとは別に巻五には、心下痞満門というのがある。この痞満門は朱丹渓(1281〜1358)が提唱しはじめたものであり、『丹渓心法』には、「痞者有食積兼湿」とある。


劉純(明代)の『玉機微義』(1396年)には

  1. 「経に曰く、備化之紀、其病痞太陰所生、為積飲痞膈、原病式に曰く、痞は否と同じ、通泰せざるの謂、精神栄衛血気津液は出入流行、紋理閉密而痞と為也。太陰者湿土也。壅塞を主る、土心下に来て、痞満をなす。

  2. 実痞は能食蔵便秘、厚朴、枳実主之

  3. 虚痞は不食、大便利、芍薬、陳皮主之

  4. 古方痞満を治するに泄散補滲之異有り

  5. 一、苦以泄之 黄芩、黄連、枳実

  6. 二、辛以散之 厚朴、生姜、半夏

  7. 三、甘苦以補之 人参、白朮

  8. 四、淡以滲之 茯苓、沢瀉」


次に『切紙』の中に「四証四治の秘授」というのがある。

四証としては気、血、痰、欝の証を述べている。

「気」は陽、表浮で右手三部の脈が沈弱なれば、虚。浮、実なれば、実である。「血」は、陰、裏、沈、潤であり、左手の三部の脈が沈滞は実で細、浮、濡は虚である。「痰」は、水也。熱痰、冷痰、湿痰、燥痰、上痰、下痰、中痰、表痰、裏痰有り。上焦、中焦、下焦に於ける停痰として、上滞、中滞、下滞という風に分類している。


そして、これは、気証、痰証 、血証 に対し、補、散、升、降、通、瀉、燥、潤、熱という九種の証に適応した効用をもった生薬が用意されている。


為病之源無逾此三証、仮令気証用気薬、血証用血剤、痰証用痰薬

◎気(補)人参、黄耆。(散)生姜、陳皮、紫蘇。(升)升麻、柴胡、白檀、藿香。

  1. (瀉)枳穀、香附。(降)梹榔、枳実、厚朴。(通)防已、木通、青皮、茯苓。

◎痰(散)前胡、陳皮。(燥)半夏、南星。(降)枳穀、梹榔、牽牛。(潤)括蔞、(栝樓)柴胡、麦門冬。

◎血(補)肉桂、地黄、当帰、益母。(熱)芍薬、生地黄、地骨、犀角。(瀉)蘇木、桃仁、紅花、牡丹、大黄。


そして、この三証のほかに欝の証が述べられている。この欝は、気、血、痰の三病が久しく続げば、欝を兼ねるし、欝が久しければ、気、血、痰の病名を生ずるので、気、血、痰の治療薬の中に解欝剤を加えたり、欝の治療薬中に、気、血、痰の薬を加えるというのである。


この気、血、痰の三証は吉益南涯の気、血、水論に甚だ似かよっているようだが、これに六爵の概念が加わることによって弁証及び治療を完全にしようとしたことは、現在の日本漢方界に於いても、新鮮な意味をもっているようだ。


気、血、湿、熱、痰、食の六つの欝の概念は、古方派の南涯にはないものであった。その父、東洞は、万病一毒論を提唱したが、それは『呂氏春秋』の欝毒の概念からであったといわれ、朱丹渓のいった欝とは、全然関係のないものである。


『恵済方』に於いて、明の永輔は、欝は元の朱丹渓が特にこれを立てたものと言っており、道三自らの意見として、

「余謂、欝ハ気ニ属シ、事遂ゲザレバ悶々然トツテ気伸バザレバ欝ス。故ニ、感遇スル所ニ随ッテ病ム故ニ六証ヲ生ズ」と言っており、朱丹渓は、『月渓秘伝方』に「凡、欝者皆中焦に在り、蒼朮撫芎を以て其の気を開提し、以て之を升す。たとえば、食気上に在れば、その気を提げて即ち食自ら下る。皆之に倣え」と言っている。


明の虞天民の『医学正伝』の「六欝之介剤」を『啓迪集』巻之五、欝門から原文のまま紹介する。

「気、血、通和すれば万病生ぜず、一も怫欝する事有れば、諸病生ず、故に人身の諸病多は欝より生ず、白朮、川芎は総ての諸欝を解す。証に随って諸薬を加入す。

  1. ○気欝は胸脇痛み脈沈。香附、蒼朮、撫芎

  2. ○血欝は四肢無力能食便紅、脈沈。桃仁、紅花、青黛、川芎、香附

  3. ○湿欝は関節痛み、陰湿に遇で発、脈沈。白ジ、白朮、川芎、茯苓

  4. ○熱欝は目瞀く尿赤、沈数。山梔子、青黛、白朮、川芎、香附

  5. ○痰欝は動則喘寸脈沈滑。海石、香附、南星、瓜蔞

  6. ○食欝は燕酸腹飽不能食、香附、山査、神麯、白朮、針砂」

となっており、「蒼朮、川芎」を「基本核」として、これに香附子を加えて気欝に、基本核から蒼朮を除き桃仁、紅花、香附子を加えて血欝に、基本核に白芷、茯苓を加えて湿欝に、基本核に山梔子、青黛、香附子を加えて熱欝に、基本核を全部去り、海石、南星、瓜蔞仁、香附子を加えたものが痰欝に、基本核に香附子、山査、神麯、砂仁を加えたものが食欝に用いるとしている。


そして夫々の欝としてではなく六欝の凡てを治する方剤として六欝湯(医学正伝)を作り、欝を治するの総司なりと言っている。陳皮3、半夏4.5、蒼朮4.5、川芎4.5、山梔子2、茯苓2、香附子6、甘草2、砂仁1.5、生姜、という処方である。


しかし、これは、六君子湯即ち人参4、白朮4、茯苓4、半夏4、陳皮2、大棗2、生姜1、甘草1から、人参、大棗を去り、白朮と共に気欝を除く川芎4・5、香附子6と、熱欝を除く山梔子2を、さらに食欝を治する砂仁1.5を加えたものである。


また、別の見方をすれば香砂六君子湯(内科摘要)から人参、藿香を去り、川芎、山梔子を加えたものである。

このように見てくると、この六欝湯は基本としては六君子湯に調気開欝の香附子、食欝を除く砂仁を加えた香砂六君子湯に非常に近い方剤であることがわかる。


即ち丹渓が凡ての欝者皆中焦に在りと言ったように、中焦、脾胃を中心とした方剤即ち六君子湯が中心的役割を果たしていることが解る。


最近、私は香附子、縮砂(砂仁)の入っている香砂平胃散、香砂六君子湯を使用したげればならない証があることに気付いている。


即ち心下痞の中に気欝、食欝によるものが最近多くたっており、香附子、縮砂を加味することによって食後の空腹時の「痞」と痛みがとれることが多いからである。


私は、昨年、腹証ビデオ『腹証への誘い』出版に際し、「心下の腹証と方剤」の表を作製したが、その構成生薬の中に香附子を加えることによって気欝を、縮砂、神麯を加えることによって食欝を消導する生薬を加えるべきではなかったかと思っている。


要するに『啓迪集』には、元の朱丹渓及びその流れをくんだ明の永輔、明の虞天民によって発展せしめられた弁証の世界は、古典的腹証論にとっても見逃すことの出来ない多くのものがあることを改めて認識した次第である。


なお『衆方規矩秘録』(外題百腹図説)については、道三、玄朔の自筆の著作であることには多くの疑問をもっているものであるが、これについては別の機会に申し述べたい。

小川新

「漢方の臨床」第34巻12号掲載


更新2007年3月4日 0:03


HOMExiao_chuan_xin_xin_lun.html


小川医院
 
『啓迪集』及び『切紙』の「四証四治」からみた心下の腹証