小川新 新論 
OGAWA   ARATA   SHIN-LON
 
 

吉益東洞顕彰碑記

(吉益東洞顕彰碑建設委員会1995年9月10日発行)

小川新(普照小川医院)


病者のために東西両医学の融合とか和合を理想として夢みたのは、昭和27年、28年頃からのことである。幼少の頃から、身の回りの 大衆の悩みの多くは、西洋医学や医療の盲点に関することが多かった。


今世紀における欧米医学の功績が偉大であることは、何人も否定し得ない事実である。例えば、ぺニシリン発見から60年、次々に多くの抗生物質が開発されたことは急性感染症の治療に大きな力を発揮したが、一方においては副作用のことなどが大きな盲点となった。


何故、盲点となるのであろうかについて考えてみるに、患者の「病態像の観方」そのものに大きな欠点があるからである。


吉益東洞は「万病一毒論」を唱えて、陰陽五行説を排撃したことて有名である。彼がここに至った発想の原点は「呂氏春秋」の 欝毒の概念にあると言われている。

しかし、彼の「一毒論」は現在に至るまで充分に理されていないようである。病症や疾患像の奥に潜む欝毒を知らずして医の学問はなりたたない、と言ったのであり、ここにおては医の東西、今昔等の区別はない。

内因や外因の病邪・病毒を言ったのであり、江戸中期の時代の流れ中にあって親試実験の精神で生き抜いた一開業医の結論であったわけである。


私は20数年前、広島県医師会館の庭に東洞記念碑建立のお手伝いをしたことがある。

その除幕式の日、吉益家の子孫の医師三人をお招きしました。その夜の懇親会で、当時熊谷市副医師会長をしておられた吉益先生と、広島の酔心で酒を飲みながら懇談する機会に恵まれた。

その当時、先生は東洞の初期の名著「医事或問」を医師会報で解説しておられた。懇親会で私の一毒論をお話ししたが、何か納得された ところがあったらしく医師会報にその夜のことを書きながら、この一毒の考え方で免疫という病態像を鮮明に解説しておられた。

このように東洞の身になって「一毒論」の真意を熱心に研究された人達は、同じような理解度に達するのではないかと思われる。


一方、現在の西洋科学的手法によって、この毒の実態像にせまるべく日進月歩の科学的認識による解析が進んでいる。これは、大きな功績であり、決して軽視してはならない人類の進歩である。


しかし、今、我々治療家にとって大切なことは、かつて東洞が排斥した陰陽・寒熱・表裏・虚実の八網弁証を、東洞以前の多くの日本漢方家が観念的弁証とした弊害に陥入ることなく、実証的伝統医学の方法論として親試実験の精神で復活することが非常に重要であると思う。


即ち、親試実験で排斥した古典医学の弁証論治を現代では逆に親試実験の精神で実践することである。ここに於てはじめて東洞の教えた 実証の精神が生きることになる。


別記の表(下記)は、1978年に私がまとめた総合医学的随症療法を図式化したものであるが、今日に至るまで、これについての説明文は発表したことはなかった。ここに至るまでの発想の原点についての詳細は述べていなかった。

昨今しきりに、東・西医学の融合論とか和合論が、時の流れに乗ったように論題になっているので、この際、私が何故このような名称を用いたかについての概略を申し述べたい。


日本において、この問題についての最初の論文は約40年前の昭和31年秋、長濱善夫氏の「東洋医学と近代医学の融合について」(「漢方の臨床」1956年(昭和31)第03巻)と題した論文である。

この論文の中に「“歩み寄り”より融合」という項がある。

その骨子は次のようである。


  1. 「近代医学の素養のある医師が、東洋的医方を駆使する場合には、思想的な統一ができないながらも実施面においては、少なくとも、診断や緊急手術は近代医学、必要な内科的治療は東洋医学でというような折衷的立場がとられている。

  2. この歩み寄りのためには東洋医は、たえず近代医学に消化され易い形に編成がえをするように準備工作が続けられなければなら ない。

  3. しかし、同時に近代医学もこれを受け入れる準備態勢を整えることが必要である。

  4. かくして併合が、やがて完全消化の形において融合の実を挙げることになれば、近代医学自身は思いもかけない飛躍的な発展を 成し遂げるであろう。 このことは、また東洋医学の近代医学的な発展をも意味することになる。理念としての融合は、まずこのように想定できる。

  5. 両者が相互に殻をひろげ、偏狭性を改めて、よく本質を理解し合い譲歩し合うことによって歩み寄りははじまるはずである。

  6. このようになれば、殻はいつしか取り除かれ融合への道が開かれることになろう。」


私にとっても、それは、40数年前からの大きな課題であった。

中国でよく使われる中・西医結合という医学内容をみるに、西洋医学的検査法によるデータを利用はしているが、そのデーターの持つ証の意味が曖昧なことが多い。

西洋医学的検査のもつ意味付けが、東洋医学的証のように観る証でなくては、実際の場における東・西医学の融合とは言えないと思う。

この辺のところが、長濱先生の論文では、もう一歩踏み込んだ所がないので、その融合理論が曖昧になるわけである。

私はこの点を漫然としておいてはいけないと思いつつ長年にわたり研究してきたのである。この曖昧さを除き、暖昧的とも思える時間軸の一点における場の最も厳しい弁証論治を追求してきたのである。

このような焦点をしぼった弁証の世界を表現するには、融合とか融和・結合という言葉では充分に意を尽きないように思う。


総合という言葉を使った場合、個々のものを並列したのみで総合という場合が多く、統合という言葉の方が適切ではないかと思った次第である。

統一という場合には、人間知の世界で一つに統べるということには、人工作為的な情報が入り易く文部省の統一一次試験とか、統一○○教という風に平等的差別感を許容することになり、真の平等論の立場から、すべてを統べるという意味で統合という文字を選んだわけである。

四次元世界の中で時間と空間を軸にとした一点を求めて歩む統合への道程には、厳しい弁証論治の世界があり、東・西の夫々に偏した曖昧な臨床は許されない。

こういった意味を含めて統合医学的随証療法を提唱したのである。

それは、私の過去40年余りの夢であり、ここに私の人生をかけて学んできたものである。この道の歩みは、遅々として進まず人生の短さを嘆いている者の一人である。ここから真の国際医学、人類医学が誕生するはずであり、それは日本のみならず人類の医学の悲願ともいうべきものである。




誌小川新1995年7月12日


吉益東洞顕彰碑記 (吉益東洞顕彰碑建設委員会1995年9月10日発行).pdf

(更新2006/10/18

HOMExiao_chuan_xin_xin_lun.html
 

統合医学論

吉益東洞は死せず